2017/04/18

おじさまに別れを告げ、ハノイからはひとり。バンコクの友達に連絡すると、ソンクラン明けで今週は忙しいらしい。おおっと。

一方、私のドジを心配した友人が日本から現地の人に支援を頼んでくれたとの報せ。ああ、申し訳ない。とりあえず現地の人に会いに行くことにする。

さて、あとは何をしようかしら。予定は一切ない。

飛行機では窓際が好き。田んぼが青々としている。いつか空から見た熊本の景色に似ている。

いわし雲のような雲を下に見下ろす。雲の裏側を見るのは不思議な感じ。バックステージに立っているような気分になる。雲の上の空は青くてまぶしい。きらきらしている。雲の下にいる人たちはこの景色を見ることがない。

窓際の席の欠点は、通路に遠いことだ。隣に座ったおばさんに配膳を下げてもらう。タイ人だろうか、英語は話せないようだったが、「Thank you」と言うとニコニコとして両手を包んで握手してくれた。感謝しているのはこっちなのに、私よりもうれしそうにしている。素敵。

無事にタイに着いた。ひとまず、友人が声をかけてくれた現地の人に無心しに行く。電車を乗り継ぐ。外は夏の日差しだが、思ったほど暑くない気がする。湿度の違いなのだろうか。色の濃いコンクリートの上をたくさんのバイクとカラフルなタクシーが走っていく。

今、タイに来ている。久しぶりにひとりぼっちを体感している。

2017/04/17

久しぶりの一人旅。年初めに財布を失くして以来、カード類を財布と別管理にしていたせいで、まんまと全部忘れる。キャッシュカードもクレジットカードもない。取りに帰る時間もない。

頼みは財布の中身だけ。昨日多めにお金を下ろしててよかった。そしてさっきラーメン食べるんじゃなかった。早くも波乱の予感。

羽田発、ハノイ乗り換えバンコク行き。ハノイに向かう飛行機で期せずして隣のおじさんと酒盛り。

定年まで日本の大手製造会社に従事していたけれど、老親介護のために奥様の故郷であるラオスへ移住したというおじさん。私が飲めると分かるや否や上機嫌になる。

手相を見るだのマッサージをするだの理由をつけて触ってくるけれどかわいいものだったので黙っておく。ブログで晒すだけにしておいてやろう。

旅慣れているらしく、ハノイの空港でミールチケットをくれと係員に粘る。恥ずかしいなーと思いながらもタダ飯の恩恵に預かり満足。

「30年日本でがんばってくれたからね」奥様のために還暦過ぎて海外移住とはなんて優しいのだろう。思い合う家族っていいなあ。

2017/04/09

会社の同期と、元同僚と、一泊二日の国内旅行。同期の3人組は10年間一緒に過ごしたけれど、この春ついにばらばらになる。元同僚は結婚するそうだ。

仲が悪いわけでもないけれど、4人でベタベタするでもなく、それぞれ好き勝手な方向を見て楽しんでいる。

もうこんな旅行もないのだろうな、と何となく思う。実感はないけれど。実感どころか感傷もない。ばらばらに歩くんだと思う。

それでもたまに思い出すのかもしれない。宝塚メイクごっこをして遊んだ夜を。春雨に濡れた満開の桜を。まだ先の話。

今は帰りの飛行機の中でGLAYを聴いている。